外からの印象を良くするためにエクステリアリフォームをしよう

家の印象は塗装だけで変わることがある

人は色によって温かさを感じたり、寒さを感じたりします。そのため、家の印象を変えるなら、建築しなおす前に名古屋の業者と塗装のし直しを検討しましょう。剥落してきたところを塗りなおすのはもちろん、色を変えるだけでも大きく印象が変えられます。

外壁塗装の色による印象の違い

ベージュ

外壁塗装の中で最も選ばれる色がベージュです。黄色味が入っているのが特徴ですが、業者によってかなり色味が違ってくるので注意が必要です。ほっとする印象にすることができます。

ブラウン

濃いブラウン系の色にすれば落ち着いた雰囲気を出すことができます。ブラウン系の中でも白味が強いものもあるので、こちらもベージュと同じくよく色見本を見なければならない色です。

外からの印象を良くするためにエクステリアリフォームをしよう

作業員

トータルリフォームをする

家は建築後10年で外壁塗装を検討する、およそ25年か40年で建て替えを検討するのが相場だといわれています。このとき、インテリアや内装だけでなく、エクステリアリフォームも検討しましょう。家の印象はトータルで決まります。満足感を高めるためには外構部分や庭にも手入れが必要です。

塗装道具

庭もいろいろ

庭は家の中と外をつなぐ部分です。そのためエクステリアリフォームの中でも重要だといえるでしょう。
家の中から見える庭を演出することで、家のトータルコーディネートができます。家がナチュラルなテイストなら、極力無駄を排除します。あまり庭の手入れを増やしたくない人のために、人工芝やテラスを作るケースもあります。

色見本

門と玄関

エクステリアの最たるものといえば塀や門扉です。門扉は家とバランスのとれたものにするため、フェンスや塀と同じデザインのものを選びましょう。
また、玄関までの通り道にフットライトをつけたりポストを工夫したりと、遊び心を取り入れることもできます。

建設現場

業者の得意分野

エクステリアは庭から玄関まで、多岐に渡るので一つの業者ですべて補うことができないかもしれません。
名古屋で依頼するなら無理に一つの業者に頼まずに、得意分野から業者を選択するのも良いでしょう。外壁塗装業者は、造園は請け負っていないことも多いので注意が必要です。

広告募集中